火災保険が使えることがある雨漏りとは

subpage01

長年暮らしている大切なマイホームが、大雨や台風の時などに急に雨漏りすると、がっかりしてしまいます。雨漏りがしているときには、屋根にひびが入っていたり、めくれてしまっている可能性があり、すぐに直さなければ水分がどんどん侵入して屋根の内側や天井裏、壁の内側などが劣化してしまいます。

47NEWSの知識を増やしてみませんか。

雨漏りの原因は、経年劣化によるひびや塗装が薄くなって水がしみこむようになることと、強風などで屋根がめくれあがってしまったり、損傷を受けたりすることが考えられ、どちらにしても建物の内側に水分が入り込んでしまうと、家の寿命を大幅に縮めてしまうことになるためすぐに修理をする必要があります。



雨漏りがしている場合、屋根の一部だけを直すことに加えて、水分が侵入している箇所の補修も行うことが一般的で、費用が高額になる場合もあります。
火災保険に入っている場合には、屋根の修理が火災保険の適用になることがあるので、一度保険会社に相談してみるとよいでしょう。
はじめに雨や台風、強風などで住宅が破損した場合の保険に入っているかどうかを調べることから始め、保険に入っている場合には、天候が雨漏りの原因の場合、破損個所の修理代金が保険適用になることになります。



火災保険が使えるのは、天候によって破損した場合だけなので、古い住宅の場合には、経年劣化との判断が難しくなる場合がありますが、部分的に認められることも多いので、発見したらすぐに保険会社に相談してみることをおすすめします。