雨漏り修理に火災保険が使える理由

subpage01

強い雨や風が吹く台風などの時に、天井から水滴が落ちてきたり、雨の後しばらくたってから壁や天井に水がついたようなしみができていたりした場合には、屋根から雨が吹き込んできて、家の内部に侵入してしまう雨漏りになっています。



雨漏りが部屋にまで到達したときには、たいていの場合、屋根裏や天井裏にはかなりの量の雨が入り込んでいることが多く、雨漏りの被害が深刻な状態になっている可能性が高いので、すぐに修理をすることが必要です。
雨漏りの修理をするときには、高い修理費用が掛かってしまいますが、火災保険を使うことができる場合があることを知っていれば、保険の申請をして、補償を受けることができるかもしれません。

単に、屋根が老朽化したために、雨の水が屋根の内部に侵入している場合には火災保険を使うことはできませんが、強い風にあおられて、屋根がめくれあがったり、屋根の一部が飛ばされてしまったとき、風のせいで屋根に亀裂が入った場合など、予想できない強い風の影響で屋根が破損した場合には、火災保険の風災にあたるため、保険を使えるのです。火災保険の適用になるためには、保険に加入していなければなりません。

エキサイトニュースについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

自分の家にかけている火災保険を確認して、風災の被害の場合の補償が含まれているかどうかを確認し、風災が含まれている場合には、保険会社に連絡をして、確認してみることをおすすめします。
風災が含まれているかどうかを意識している人は少なく、申請していない人も多いので覚えておくと安心です。