火災保険が適用出来ない雨漏りとは

subpage01

住宅で雨漏りが発生した際には火災保険を適用して直すことが出来るということはそれなりに知られていますが、実際には保険を適用することが出来ないケースもあります。



では火災保険が適用出来ない雨漏りとしてはどういったものが該当するのかというと、まず挙げられるのは保険加入者の過失によって雨漏りが引き起こされた場合です。

例えば家主が屋根に登った際に屋根を踏み抜いてしまった、手入れ不足によって屋根が破れてしまった、雨樋の清掃不足によって雨が家屋内に侵入してしまった、こういったケースは保険加入者の過失があったとされますから火災保険の適用はできません。
保険はあくまでも予測が出来なかった災害に備えるものですから、人為的な原因によって引き起こされた場合には適用対象外になるのです。



また別のケースとしては、本来保険が適用出来たのに出来なくなったというケースもあります。

お手軽な47NEWS情報は見逃せません。

例えば家主が「一年前の台風で屋根が壊れて雨漏りが起きるようになった」と主張しても、保険会社からすればそれが事実かどうかわかりません。むしろ一年前の台風で壊れたというのであればそれからずっと申告をしなかったことの方が不自然ですから、仮に台風で引き起こされたのが事実であったとしても火災保険の適用対象外になる可能性が高いです。ただこの場合は問題が発生した時に申告するように心がけておけば、おおよそ問題にはならないでしょう。

重要なのは過失によって雨漏りが起きた時には火災保険が適用出来ないということですから、ここはしっかりと覚えておくようにしてください。