雨漏りの修理費は火災保険で無料になる可能性がある

subpage01

住まいのトラブルの中でもやっかいな部類に入るもののひとつに雨漏りがあります。

近年では台風や真夏のゲリラ豪雨など集中豪雨が多い為、トラブルに見舞われることも多いのではないでしょうか。


放置しておくと屋内の家具やパソコンなどの家電の故障や損傷にもつながるのでトラブルを見つけたら一刻も早く修理が必要です。

しかし、屋根の修理は意外と高額で、一般的な一軒家だと100万円以上してしまうこともあります。すんなりと出せる金額ではないため、躊躇してしまう人も多いと思いますが、雨漏りの原因によっては火災保険を使って修理費を賄うことができます。



あまり知られていないことですが、火災保険は火事のほかにも突風、強風、台風などの強い風によって損害が発生した場合にも適用されます。



突風によって屋根瓦が飛んでしまったり、破損した場合や風によって雨樋が破損した場合、雪の重みで屋根や雨樋が損傷した場合などは保険がききます。

ですので、これらのことが原因で発生した雨漏りの修理費は保険金をあてることができるのです。


しかし、経年劣化や建物の老朽化が原因の場合は保険の適用にはなりません。劣化しているところに風災があり雨漏りが発生した場合は判断が難しくなります。

産経ニュースについての情報です。

いずれにしても劣化か風災かどうかの判断は自分で行うものではないので、専門の調査会社にお願いする必要があります。わずかな損傷であっても風や雪が原因であれば火災保険で修理することは可能です。雨漏りを見つけたら火災保険が適用できるかどうか、屋根修理業者に調査を依頼してみましょう。