雨漏りの修理は火災保険で

subpage1

雨漏りは小さなトラブルに思えますが、放置しておくと柱や家財などにも影響が出てしまう為、見つけたらすぐに修理する必要があります。


しかし、屋根の修理はかなりの費用がかかるのでなかなか工事に踏み切ることができないという人も多いのではないでしょうか。
そんな人はその雨漏りに火災保険が使えるかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。火災保険は火災だけではなく、意外といろいろな自然災害に対応できる保険です。

風災、雷災、雪災などで建物が損傷を受けた場合も補償の対象となります。



ですので、台風の強風で屋根瓦や雨樋が損傷を受けたことで雨漏りが発生した場合は火災保険の対象となるのです。

goo ニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

また、強風によって飛んできたものが屋根や外壁にあたって破損した場合も保険が適用されます。

屋根雨漏り修理に関する情報を提供中です。

保険の適用外となるのは建物の老朽化が原因だった場合です。


しかし、老朽化していたところに台風の被害をこうむった場合は保険が適用される可能性があるので、自己判断で諦めずに専門の調査会社に依頼して調べてもらうようにしましょう。


また、小さな雨漏りの場合、費用を掛けずに自分で修理しようとする人もいるかもしれませんが、素人にはどこから雨水が侵入しているのかを見つけるのは非常に困難です。対策をしたい場合は専門の業者に任せるのが一番です。


費用は高額になりますが、雨漏りの原因が風災や雪災の場合は火災保険に加入していれば無料で修理できる可能性があります。
自分で何とかしようとせずに専門業者に任せましょう。

学ぼう生活の事

subpage2

住まいのトラブルの中でもやっかいな部類に入るもののひとつに雨漏りがあります。近年では台風や真夏のゲリラ豪雨など集中豪雨が多い為、トラブルに見舞われることも多いのではないでしょうか。...

next

生活の補足説明

subpage3

強い雨や風が吹く台風などの時に、天井から水滴が落ちてきたり、雨の後しばらくたってから壁や天井に水がついたようなしみができていたりした場合には、屋根から雨が吹き込んできて、家の内部に侵入してしまう雨漏りになっています。雨漏りが部屋にまで到達したときには、たいていの場合、屋根裏や天井裏にはかなりの量の雨が入り込んでいることが多く、雨漏りの被害が深刻な状態になっている可能性が高いので、すぐに修理をすることが必要です。...

next

生活の秘密

subpage4

長年暮らしている大切なマイホームが、大雨や台風の時などに急に雨漏りすると、がっかりしてしまいます。雨漏りがしているときには、屋根にひびが入っていたり、めくれてしまっている可能性があり、すぐに直さなければ水分がどんどん侵入して屋根の内側や天井裏、壁の内側などが劣化してしまいます。...

next

予備知識

subpage5

住宅で雨漏りが発生した際には火災保険を適用して直すことが出来るということはそれなりに知られていますが、実際には保険を適用することが出来ないケースもあります。では火災保険が適用出来ない雨漏りとしてはどういったものが該当するのかというと、まず挙げられるのは保険加入者の過失によって雨漏りが引き起こされた場合です。...

next